ひまわりの育て方

肥料があまり要らず乾燥にも強いひまわりは、ガーデニング初心者の方にもおすすめできる花です。ここではひまわりの育て方として、栽培場所の決め方や用土について、水やりや肥料・追肥の方法、気をつける害虫や病気、花言葉について等、育て方をわかりやすく解説しています。

ひまわりの育て方は難しくない、ガーデニング初心者にもおすすめ。

ひまわり品種、ビッグスマイル夏の花といえば「ひまわり」、「ひまわり」といえば夏の花というぐらい、夏を代表する花が「ひまわり」です。ヒマワリはキク科に分類される植物の中では最も大きな花を咲かせる一年草です。草丈も高いものになると、1mから3mにも及びます。
ただ、品種改良もだいぶ進んでおり、30cm程度の草丈にしか育たないような、ベランダガーデニングに適した品種も販売されて人気となっており、ガーデニング用の花としても、さらに人気が高まっています。有名なところでは、「ビッグスマイル」という品種が、30cmの草丈をもつコンパクトなひまわりとして人気です。
ひまわりの原産は北アメリカと言われており、英名は「サンフラワー」といい、異名として「太陽の化身」と呼ばれることもあります。色々な品種・種類ががありますが、花の直径は20cmから30cm程度のものが多く、花色は黄色やレモン色などを思い浮かべますが、実はエンジ色などの変わった花を咲かせるひまわりの種も販売されています。
子供の頃にひまわりを育てた経験のある方は多いと思いますが、ひまわりの育て方は決して難しいものではありませんので、ガーデニング・園芸の初心者であっても、栽培にとりくみやすいお花だと思います。

ひまわりの育て方の最初は、栽培場所と用土から

ひまわりはみなさんのイメージどおり、日当たりの良い場所をこのむお花ですので、日光がじゅうぶんに当たるような場所、できれば一日のうち、7時間や8時間も日が当たるような場所が準備できたら理想的です。
そして、ひまわりを栽培する用土については、水もちのよい土、それに肥沃な土が適しているとされています。理想的な土は、「赤玉土(小~中粒)5:腐葉土3:川砂1:堆肥1」といったところです。

ひまわりの増やし方、種まきについて

ひまわりの発芽ひまわりの育て方の実際の作業にはいっていきますが、まずは種まきに関してです。ひまわりの種は大きめで扱いやすく、この種を庭に直接まいても問題ありませんし、苗としてある程度育てものを移植してもよいでしょう。ひまわりの種まきの時期は4~6月くらいが最適とされていますが、ひまわりの発芽温度20℃以上ですので、4月だと場所によっては早すぎる場合があります。無難なのは5月以降に種まきすることです。温度が上がっていないのに種まきしてしまうと、発芽しないなどのトラブルを招きますので、あせらず時期を待ってください。

ひまわりの育て方、「水やり」について

お花の育て方として水やりは当然大事なのですが、ひまわりは感想に強い植物ですので、あまり神経質にならなくても大丈夫でしょう。やり方としては、土の表面が乾いたら水を与えるといった感じで大丈夫です。とはいえ、あまりにも感想させてしまうと、一気に元気がなくなってしまいmすから、極度の感想を防ぐ為に、真夏は敷きワラなどを敷き、乾燥防止対策を施すのも良いでしょう。

肥料・追肥のやり方

ひまわりに与える肥料・追肥ですが、7月から9月の開花時期に液体肥料か置き肥を与えます。しかし、ひまわりに多肥は禁物です。肥沃な土であれば、肥料は全く与えなくても十分に育ちますので、肥料を与えすぎないように注意してください。

ひまわりにつく害虫や病気について

ひまわりによくつく害虫としては、ハダニやアブラムシが有名です。ハダニはハ水に弱いので、毎日の水やりを欠かさないようにし、アブラムシには殺菌殺虫剤などを使用します。アブラムシを放置しておくと、アリもよってきますので注意して下さい。
病気については、黒班病やべと病といったものに軽快が必要です。黒班病にはモスピラン・トップジンMスプレー等、べと病にはオーソサイド水和剤80あたりが効果を発揮するでしょう。

ひまわりの花言葉

ひまわりの花言葉はたくさんあります。「崇拝」「敬慕」「愛慕」「憧れ」「あなたを見つめる」「あなたはすばらしい」「高慢」「光輝 」といった花言葉を持っています。

CopyRight 2017日常生活研究所All right reserved.
-暮らしに役立つ知恵がいっぱい-