レコーディングダイエットの手帳

「FYTTE カロリー手帖」「このメモ帳でヤセる」付録の、レコーディングダイエットに適した手帳・ノート類の紹介を中心とし、ここではレコーディングダイエットのやり方・方法などについても解説しています。日々のカロリーを記録して、今度こそ成功という結果をだしましょう。

手帳やノートにカロリーを記入、レコーディングダイエットは効果大。

すっかり有名になりましたレコーディング ダイエットは、岡田斗司夫さんが考えた非常に簡単でありながら効果の大きいダイエット方法です。このやり方は、自分が食べた食事の内容とカロリーを、手帳・メモ帳・ノートなどに記入していくだけです。何か特別な器具がいるわけでもありません、ただ、手帳のような紙とペンさえあればすぐにでも実行できるダイエット方法が、レコーディングダイエットです。
このダイエットのやり方は、とにかく食べた物とそのカロリーをメモすること、これが全てです。ただし、どんな些細なものでもちゃんと記録しておきます。これを続けることによって、自分が何を食べて太っているのかが、自己分析できてきます。
結果、自然に摂取するカロリー量を気にするようになり、想定範囲内のカロリーがおさまった食事するようになっていきます。今まで誰にでも思いつきそうで思いつかなかった、しくみとしては非常にシンプルなダイエット方法が、このレコーディングダイエットです。

レコーディングダイエットに適した手帳・ノートはこれ

このレコーディングダイエットに使う手帳やノート、メモ帳といったものは、特に指定はありませんので、何かの切れ端やコピー用紙とか、記録さえ出来れば、その書き方も自由で何でも結構なんですが、特にレコーディングダイエットに向いた手帳・ノート類といったものがありますので、こちらをご紹介しておきます。これらを使っていけば、さらに効果があがって、ダイエットの成功につながっていくでしょう。

「FYTTE カロリー手帖」ならカロリー計算しやすい、記録もしやすい

FYTTE カロリー手帖この「FYTTE カロリー手帖」は、毎年発売されているもので、野菜や果物・肉類などの、通常の食材についてのカロリー表の他、有名なカフェ・ファミレス・ファストフード店などの外食店メニューのカロリー表、市販食品や定番料理などなど、2008年度版では1544食品ものカロリーが、オールカラーで紹介されています。
このカロリー手帳はさらに、お菓子やパンの「部位別のカロリー」まで載っているものがあります。菓子パンや、惣菜パン、お菓子などの部位ごとのカロリーがわかれば、ダイエット中にもかかわらず甘いものが食べたくなった時に、これから食べようとしているものの、「どの部分を食べないようにすれば良いか」といった、さらに細かいカロリー計算が可能になっています。
そして、レコーディングダイエットのやり方として、日々の食事の記録をつけていくわけですが、FYTTE カロリー手帖には、90日分の記入ができるダイエットダイアリーが付録としてついていますので、レコーディングダイエットを成功させるうえで、かなりの手助けとなるでしょう。出版元は「学習研究社」で、価格は990円です。

「このメモ帳でヤセる」は、レコーディングダイエット公式の手帳「ヤセるメモ帳」が付録

このメモ帳でヤセる「このメモ帳でヤセる」とは、また随分と目を引くタイトルですが、これはレコーディングダイエットの提唱者である岡田斗司夫さんが書いたムック本です。副題には「いつまでもデブと思うなよ  実践ガイド」とあり、以前に出版してベストセラーとなった「いつまでもデブと思うなよ」の続きというわけではありませんが、内容を補完するようなムック本になっています。
内容としては、「いつまでもデブと思うなよ」が出版された後に受けた質問のなかでも多かったものに応えていたり、新しい実験などの、レコーディングダイエットに関する新しい情報などを掲載しています。特に、1500kcalで美味しいレシピ例んどは大変参考になるでしょう。
そしてこのムック本には「ヤセるメモ帳」が付録でついています。かなり細部までこだわって作ったとのことで、レコーディングダイエットの公式手帳ともいえるわけですから、大変使いやすいものとなっています。出版元は「新潮社」で、価格は1000円です。

CopyRight 2017日常生活研究所All right reserved.
-暮らしに役立つ知恵がいっぱい-