乳がんの初期症状

決して珍しくない、身近で恐ろしい病気が「乳がん」です。ここではその乳がんの初期症状についての解説の他に、乳房やわきの下のしこりなどでの自己検診チェックや、病院で行われる治療法などにていて紹介しています。転移などする前に、病院で検診・治療を受けましょう。

乳がんの初期症状はわかりにくい、病院にて検診・早期治療を

乳がんの初期症状としてよくあげられるのが「しこり」ですが、この「しこり」というのは初期症状というわけではありません。乳がんは進行の遅い病気で、それも非常にわかりにくく進んでいきます。しこりが出来ている頃というのは、幸いにも初期症状であるかもしれませんが、すでに乳がんの発症から時間が経過している可能性もあります。
乳がんは肝臓がんなどと同様に、自覚症状の現れてくるのが遅く、発見が遅れやすい病気なのです。ですから、定期的にがん検診を受け、転移などしない初期の段階で、信頼できる病院にて治療するのが望ましいでしょう。

「しこり」は必ずしも、乳がんの初期症状ではありませんが

マンモトーム生検で乳がん検診前項での説明の通り、しこりはかんらずしも乳がんの初期症状ではありませんが、このしこりによって、初めて「乳がん」というものを意識する方が多いのも事実です。そこでこういったしこりなどの、乳がんの自己検診について少し書いておきます。
まずは、乳頭の陥没、乳房に突出が見られるようになった場合です。もともとへこんでいたのではなく、急に乳頭がへこんだ場合や、乳房にしこりのような突出、逆にくぼみなどが見られたら、病院にて検査・検診を受けたほうがよいでしょう。
また、乳頭や乳輪といった乳房の先端部分あありから、よくわからない分泌物が出てくるようになった。また、乳房の皮膚がまるでみかんの皮のように硬く潤いがなくなってきたり、赤いしこりがみられるなど、わかりやすい症状が見られたらすぐお医者さんに相談します。
他にも、わきの下のしこりなどは危険な場合があります。これはリンパが固まって大きくなったものかもしれず、乳房にがんが発生して、それが店にするきざしであるかもしれません。

乳がんは早期発見・治療で。しこりや痛み等を感じたら病院で検診・治療を

乳がんは決して珍しい病気ではありません。乳がんにかかる確率というのは、なんと「23分の1」にもなるのです。これは、学校のクラスに中に一人か二人いることになります。少し前までは30人に一人と言われていましたが、最近の調査では増加傾向にあるのです。
まさか自分は・・・というような考えは捨てて、何かしらの以上を感じたら、すぐに病院に行き、診察を受けてるのが大事です。がんはとにかく早期発見・早期治療がもっとも大事ですが、乳がんは初期症状がなく、発見が遅れがちなだけに、定期的な検診は生存率に大きく関わってきます。一生懸命にネットで調べているよりも、病院へ行ってしまったほうが間違いがありません。

乳がんの治療方法

乳がんの治療では、手術や放射線療法といった局所ながん療法と、ホルモン・化学療法といった全身療法の組み合わせで行われることが多いようです。手術については、乳房のすべてを取り除いてしまう「乳房切除術」と呼ばれるものと、「乳房温存術」という、出来る限り乳房を残すように行う手術があります。
また、ホルモン療法などは副作用も少なく、高齢者などの体力の無い方にもよく行われています。いずれにしても、早期発見であればあるほど、体に負担のかかりにくい乳がん治療を受けることができますし、乳房を残すこともできるかもしれません。そして何よりも、早期発見は生存率が格段にあがります。怖がらすにまずは病院へいって診断を受けましょう。

CopyRight 2017日常生活研究所All right reserved.
-暮らしに役立つ知恵がいっぱい-